コーチング

コーチングを受けたいとき、どれを申し込めばいいの?メニューをご説明します。【サービスのご案内3】

Pocket

コーチング、受けてみたいけどどうやって受けたらいいのでしょうか。
柔軟に対応できるよう、メニューはいろいろ設けてありますが、そのせいで一体どれを選べばいいのか……わかりにくくなっているのも確か。

あわせて読みたい
コーチングメニューコーチングの流れ 身についた習慣はちょっと変えてみても、油断すると戻りやすいもの。 コーチングは1回やってスッキリ!あぁ終わり! ...

それぞれ説明しますね。

コーチングは話す場だけではない。実行して振り返る行動と学習がキモ!

コーチングの基本は、継続です。
期間は自由ですが、多くの方は最初は2週間に1回で6回。
3ヶ月以上で受けられます。

前回の記事でも書きましたが、コーチングはスポーツジムのよう。
1発でパーン!と明確な『なにか』が出てきて、すごい変化を起こすことは極めて稀です。
今日1日がんばっただけでムキムキになったりはしません。

あなたが積み重ねてきた習慣、人生はそんなに軽くないのです。
すぐ効くものはすぐに効かなくなります。
応用が効かないんです。
少なくとも私は、そんなごまかすようなサービスをお届けするつもりはありません。
それに、「これがテーマだ!ここを解決すれば!」と思っていたことが、話しているうちにもっと大きく、深いテーマに繋がることは本当によくあるのです。

継続セッション

そんなコーチングですが、基本的にコーチングで扱うのは『今』と『未来』。
だからこそ、最初に地盤固めとしての導入セッションを設けております、

導入セッション

これから受けるコーチングの活用の仕方、そしてご自身を知るためのワークなどを行なっていきます。
(こちらについては、導入セッション受講申込み時点で各ワークをお送りいたします)

導入セッションで現在地と、あなたを作ってきた価値観をお互いで把握します。
そしてそこで関係性を作ってから、今後のコーチングに入って行きます。

こちらは内容によりますが、大体2〜3時間で行います。

ここから通常のコーチングセッション

そして、その導入セッションの次からは普通のコーチングセッション。
ご自身でその時間に話したい、考えたい、広げたいテーマを決めていただき、対話やワークを使って掘り進めたり、広げたりします。
こちらは1時間です。

コーチングで大事なのはお話をする時間ではなくて、

その中で気づいたことからご自身が決断し、現実に行動を起こすこと。
そして、その行動を振り返ること。

行動に成功も失敗もありません。
これを私たちは『行動と学習』という、コーチングにおける肝であると考えています。

話すだけ話して、気づくだけ気づいて、でも現実を変えないのであれば、変わらない日常がやってきます。

その振り返りのためにも、話をした当日だけではなく、その振り返りをする次回がとても大事。

コーチングの頻度はどのくらい?

ちなみにその、お話をすることで盛り上がるやる気。
盛り上がって盛り下がるのが大体平均して2週間くらいなので、行動を変えたい人は2週に1回がおすすめです。

動物である人間は本来変化が苦手な生き物なので、1人でストレスのかかる『変化』に向き合っていくのは、なかなか大変なのです。

でも自分自身の律する力が強い人、または自分を定点観測したい、定期的に自分会議としてコーチングの場を使いたい人は1ヶ月に1回くらいの頻度ががおすすめです。

現在実際にいらっしゃってる方の傾向としては、
経営者の方など、自分の行動の基本方針は決まっていて、さらに発展させたい!もしくは新規事業を考えていきたい!一人で経営をやっていて孤独だから一緒に考えてくれる人が欲しい!という方は1ヶ月に1回。

自分のやりたいことを考えたい、転職を考えている、起業を考えているなど、自分自身の考えを整理させたりはっきりさせたい人は2週間に1回受けられています。

また、一度導入セッションを受けていただいた人は、単発コーチングの金額ではなくこちらの継続コーチングの金額でお受けいただけます
(こちらの方がちょっと安いのです)

一度卒業された人も、年末年始のみ、年度末のみなどに受けていただいてる方も多いので、ご活用ください。

雰囲気を知るための、試食としての体験コーチング

とはいえ、いきなり継続を申し込むのってすごくハードル高いですよね。
大下がどういう人なのか、全然わからない・・・。
そんな不安はあると思います。

ですので、体験コーチングをご用意しております。

こちら『体験』コーチングとはいえ、大下は本気で関わります。

ここでは、自分に今コーチングが必要かということをご自身で考え、決断していただくためにも、私からこの時間中に今後の継続をするかを問うことはいたしません。

押されて流されて始めるのではなく、ご自身で決断して始めないといい関係性、いいコーチングができないと考えているからです。

一度考えてみたいな、と思った際はお気軽にお申込みください。

明確に考えたいことが決まっている方は単発コーチングもおすすめ

また、何かを変える!とかではなく、明確に悩んでいることがあって、選択することを前提に話をしていきたい!という方は、単発コーチングを活用されるのもいいと思います。

これは導入セッションを行なってからのコーチングと違って、お互いが価値観をしっかり把握できたりはしていないので、
いろいろその場で聞いていくために、通常のコーチングより時間が長くなっております。

仕事がら定期的に時間を確保することができない、定期的に受けるまでではないけど1年に1回自分会議をしたい人などにご好評いただいております。
こちらも年末年始、年度末あたりに予約が混んできますので、もし受けてみたい方はお早めのご予約をオススメします。

あわせて読みたい
コーチングメニューコーチングの流れ 身についた習慣はちょっと変えてみても、油断すると戻りやすいもの。 コーチングは1回やってスッキリ!あぁ終わり! ...

●連載もくじ
1.わたしが大切にしたいこと。パレードを作ろうよ!

2.コーチングってどういうものなの?

3.コーチングを受けたいとき、どうやって申し込めばいいの?メニューをご説明します。

4.野望の会

5.ウェルスダイナミクス理論
・コンサル(プロファイル・スペクトル含む)
・プロファイル関連講座
・スペクトル講座

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Pocket