野望の会

【ご感想】見失っていた自分のやりたいこと(野望)がまた見えるようになりました。

tl_DSC9216
いつだってみんな、いろんな野望を抱いている。

こうなったらいいのに。
こうできたらいいのに。

でも大切な思いだからこそ、なかなか口に出せなかったり。


そんな思いを、願いを、野望を口に出す会。
『野望の会』。


先日福岡でご参加くださったMacと過ごす日々wp主催のたとさんからご感想をいただきました。


ちなみに福岡開催後の私の記事はこちら。
仕事も環境も違う人と野望を語る。化学反応っていいよね。福岡野望の会無事開催しました!

[ブログ]「野望の会・福岡編」に参加したらニヤニヤでした

野望の会とは?
文字通り、普段心の中に秘めている野望を吐き出す、熱く語って人に聞いてもらおうという会なのです。
恐縮禁止でなんでも語る。


人を褒めるというのはなかなかできないことに驚きました。

言葉が出てこない出てこない(汗


この会に参加してよかったと思ったのは、人に野望を話して他の人の野望まで聞くことができたことかな。

人に野望を語って聞いてくれた人から褒めてもらう。


たったそれだけなのに、その言葉を聞いたら見失っていた自分のやりたいこと(野望)がまた見えるようになりました。


それだけでも野望の会に参加してよかったです。終わった後で気がついたらニヤニヤしていました。他所から見たらキモいおじさんだったかもね。

そして何か違う野望まで湧いてきてしまいました。また参加したいですね。

[ブログ]「野望の会・福岡編」に参加したらニヤニヤでした | Macと過ごす日々wp



たとさんはあの3分という短い時間で、2つも野望を語られたと!

ご参加ありがとうございます!

さいごに

実は野望の会は2015年の今日、4/11に第1回を行いました。
そもそもその第1回の開催自体が私の野望そのもの。


あれから1年。

約200個ほどの心に秘めていた野望が、それぞれの方の口から語られました。


そして、私はそれを聞きました。


まだご本人の中で形になっていないもの、
もう実行するだけ!まで固まりきっているもの。

内容はいろいろありました。


でもみなさんおっしゃるのは
「口に出したからこそ、気づいたことがあった」ということ。


やっぱりね、とか
お?ちょっとかっこつけてるか?とか
口に出してみたら違和感が・・・とか。


言語化してみるからこそ、さらに進める。
再認識するからこそ、修正できる。

野望の会にはコーチングの要素が詰まっています。


本気で語る人と
本気で聞く人。

そしてそれができる、安心安全な場としてこの会をご用意しています。


まだまとまってない。
何か要素が足りない。
諦めたほうがいいのかな。


大切なご自身の野望。
見失う前に。


よかったら、遊びに来てくださいね。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で