toggle
2014-11-17

「大人なんだから感情をコントロールしなさい。」

Pocket

IMG_8253
英語は苦手ですが、アナと雪の女王は日本語版より英語版の方が好きなコーチ  よーん(@yawn_c) です。

冬が近づいてきたせいか、ショッピングモールのディスプレイなどにまたアナと雪の女王のキャラクターをよく見るようになりました。


以前クライアントさんから「『大人だから』感情をコントロールしないといけないと思っていました。私、いろいろ感じていいんですね。」という感想をいただき、その時にこの映画の話をしたことを思いだしました。

なぜに『アナと雪の女王』の話?

なんで英語版の方が好きなのかなーと考えた時に、私が日本語版、英語版で話の主題を、特にテーマソングのLet it goについて、こう解釈している、ということに気づきました。


日本語版:ありのままでいるって大切。私は私らしく!

英語版:感情を抑えるとろくなことにならないよ。感じたのなら感じたまま!(そしてさらにそこに愛があればit’s OK!)

今年の流行語大賞は『ありのままに』なんじゃないかな

歌のタイトルもあいまって、今年は『ありのままにブーム』な気がしています。

もちろんまったく悪いことではありません。

むしろ
そりゃそうだ!それがあるがままでいるって、とっても人間らしいじゃないか!という気さえします。

ただ、一方でこんな声も増えてきている気がします。

ありのままってどのまま?私らしくって何らしく?

ありのままでいる、ということは本来自然な形のはず。

人間が人間らしく。


なんだか私はこの『らしく』がとっても邪魔をしてると思うのです。

大人らしくってなに?

よく言われませんか?

大人だから。もう子供じゃないから。

しかしそもそも大人ってなんでしょうね。

感情を抑えることができる、客観的に、冷静に、乱れることなく。
そんなことは可能なんでしょうか。

Conceal don’t feel, don’t let them know.

これはLet it goの歌詞ですが、『感じていることを隠して、誰にも知られてはいけない』。そんなことをできる人がいるのでしょうか。それが大人というのであれば、


人間どころかもはやそれは生物ではないと思います。


感情とは出すぞ!隠すぞ!と使うものではないということです。

感情は豊かに使ってこそ、『自分らしい』!

感情をコントロールするということは、感情を抑えることではありません。

感情を豊かに使うことです。

腹が立つということは、なにかが嫌なんです。悲しいんです。
そこに向き合わずに蓋をしたって,何も起こりません。むしろ始まりません。


感情を水に例えるのであれば、留めると淀みます。


そうではなく。


腹が立っているのなら、なにかが自分を刺激したのだとちゃんと感じる。
悲しいのであれば「悲しんでる場合じゃない、でもでも」なんて思わず、しっかりと悲しむ。


こんなに怒ったり悲しんだりしている自分なんてダメだ、なんて自己否定とごちゃ混ぜにしないでください。


感情は『着ないけど、もったいないから手放せない服』の様に、しっかり使わない、味わわないから手放せないのです。


しっかり自分自身の感情を感じると
不思議なことに、手放さなきゃと理性的に考えるどころか、なんだか勝手に自分の感情が次に進みたくなります。進まなきゃ、じゃなくて進みたくなるのです。

人はみな大人になろうとしている子供

私はTHE BOOMの宮澤和史さんの歌詞がすごく好きなのですが、彼らの曲『いつもと違う場所で』という曲にこんなフレーズがあります。

ジョンは言った「夢想しろ」と
国家も宗教も無いんだと
そうすれば殺し合う名目は消えてしまうと

そんなの子供だましだって?
人はみな大人になろうと懸命に努力している子供だろ?

国家も宗教も、大人も子供さえもないのならあなたは何を感じるのでしょうか。


あなたは自由です。

何に対してか。

少なくとも自分に対して
自分は自由なのです。


経験を積み重ねたからこそ『感じない』ではなくて、『更に豊かに感じる』を選択できるはずです。

『人はみな大人になろうと懸命に努力している子供だろ?』


これは私の中でとても大きなテーマになっているフレーズです。






身体いっぱい喜んでください。
悲しんでください。
怒りを感じてください。

豊かな自分を感じてください。





ありのままに、ってそういうことじゃないですかね。





お知らせ

【ワークショップのお知らせ】

現在9/9(土)予定で企画中。 しばし待たれよ。 野望の会その他ワークショップの開催を希望される方は、コンタクトよりご連絡ください。

野望の会などワークショップ・セミナーについては Facebookページ、及びメルマガにて先行メールを差し上げています。 メルマガにてご案内を希望される方は、こちらにご登録ください。

________________________

【継続コーチング新規受付について】

セッションメニューについての詳細はこちら→コーチングの流れ

________________________

【ブログ更新情報をご希望される方は、こちらをご利用ください】
follow us in feedly

なにかお役に立てたり、思うことがあればシェアいただけると嬉しいです!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
関連記事