コーチング

「その仕事で食っていけるの?」食える食えない発言と不快感と自分の選択

Pocket

いろんな人に助けられながら、いつの間にかフリーランス3年?4年目?(曖昧すぎる)に突入したコーチ大下千恵(@yawn_c)です。

人に言われたことの自分の反応って、本当に正直。

今日、Facebookを見ていたら、こちらの記事が流れてきました。。

この方が主題にしてることとはちょっとだけずれてしまうんだけど、私もずーっとモヤモヤしてたんです。

何故にそれを聞く?

初対面の人にコーチを仕事にしてますというと、

「コーチって食べていけないでしょーどうしてるの?」

と言ってくる人が、時々いるんです。

初対面で。
えぇ、初対面で。

そんなこと言われても、私の頭に浮かぶのは

うるせぇ。

の一言ですよ。

どうしてるの?って、どう・・・・・・?

何故?
何故初対面でそれを聞く??

大切なことを大切にし続けて、止めないだ…け…?

そこ、大切?

食えてる食えてないって、食えてますよ。

でも、初対面で私がどういう人かわかるまで行ってない中で、お互いまだ知り合えたと言えるかも怪しい中で、
そこ、大切??

今同じ場にいる中で、そこ大切???

どうしてるの?って、

コーチングという機会を提供してるんだってば。
貯金がすごかったり、すごい資産運用してるわけではないよ。
ましてや旦那との財布は完全に折半。
金銭的依存相手がいるからできてる、なんてことでもないです。

自分が価値があると思っているものを、それを使って更に飛躍できる人たちに提供してるだけだよ。

手を伸ばすことを決めて
手放すことを決めただけ。

やりたいことを止めてないだけです。

やり方を試行錯誤し続けてるだけです。
型を崩し続けてるだけです。
足を止めてないだけです。

なんだ?失礼だな。

……と、ここまで考えてるうちに気づくんです。

おや?
そんなに軸を持ってやってると言えるのなら、人の発言にイラつく必要ないんじゃない?

おおっと、自分にブーメラン。

なんかうっすら気づいちゃいますよねー。

自分でも不安だったんじゃない?

初対面でいきなりお金の話をしてくる人を失礼と感じるのは無理もないことです。
財布事情を聞かれるなんて、初対面でなくても、不快感を感じることもあるでしょう。

いや、それよりも問題は自分です。

自分で納得感があるのなら

「はっはっは、君はおもしろいことをいうなぁ!」

と、聞き流せばいいんです。

でも、イラついている。
なにかしら不快感を覚えている。

それって、自分でも心のどこかで「油断すると食えない」と思っているんじゃないのかしら。

否定はできません。
利益構造が安定した会社でもなく、1ヶ月先の収入すら常にわかりません。

でもね、
それでもやりたいんです。

それでもこの仕事に自分を使いたいんです。
この仕事を広げていくことで見える未来を、私は見たいんです。

だからこそ、生活なんて全力で考えます。試します。
三方良しで循環し、継続性のあるやり方を。

「その仕事、食べていけないんじゃない?」

その声は私のチャレンジを、覚悟を、行動を試している声とも言えます。

お前まだまだじゃん!という自分の声でもあるのかもしれません。

自分の選択を誇ろうよ!

私はむやみやたらに「やればできるよ!」というのは好きではありません。

でも、
『やれば』、そして止めずに柔軟に変化しつつ『やり続ければ』『できる』とは信じています。

夢とか野望とか、それらは
抱く限りはまだ一度も体験したことのないことだと思います。

当たり前です。

既にライターの人がライターになりたいとは言わないし、芸人の人が芸人になりたいとは言いません。

体験したことないからこそ、夢見るわけで
始めたことないからこそ、怖い。

だからこそ、自分の夢に向かうことが怖いことを恐れないでください。
絶望しないでください。

それは正しい反応です。

あなたは自分がやったことのないことに、チャレンジしようとしています。
他の人が既にやったことあることでも関係ない。

あなたにとっては、やったことないこと。
だから怖いんです。
だから挑戦する価値があるんです。

そうやって自分の望みに向かって、挑戦して、やりきって、自分を誇りたいじゃないですか!

自分を裏切らないで、

うん、自分のために生きてる!
って言いたいじゃないですか!

さいごに

自分の大切な夢を、夢への挑戦を、食べていけないのではないかという恐れの声から、諦めようとしてる誰かに届けばいいなと思いながら綴ります。

選択すると潰しが効かないよ。
できるだけ、広く、なんでもできるように。

誰かが思いやりであなたにそう声をかけてくれたことは、生きていてこれまで多いと思います。

でもその誰かも、別にこの世の理を知ってるわけではありません。
潰しが聞いたからこその成功体験があるわけでもありません。

自分の主導権を自分に取り戻して。

自分が進みたいところへ、自分の足で、進んでいきましょうよ。

そしてあなたを見下すように値踏みする人に、笑顔でこう言いましょう。

うるせぇ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Pocket