toggle
2017-01-16

コトバアソビ:キラキラしていたいと思ったことはありますか?いいえ、全然。

Pocket


全然、ないよ。

先日とある方にこう言われた。

「大下さん、キラキラしてていいですね!
私もそんな風になりたいんです!

どうやったらなれますか?
キラキラしたいってずっと思ってたんですか?」

ちょっと若い彼女からの、ちょっと不思議な質問。
伝えたい言葉、紡がれた言葉はこれだったけど、
きっと彼女が伝えたいこと、聞きたいことはここに表現されていない。

だから、私はこう答えた。

「キラキラ?まったく考えたこともないなぁ。」

彼女とはその後も話を重ねたが、ご本人からも「ブログに書いて!」と言われたので、ちょっと綴ってみたいと思う。

最近、キラキラしたいでしょ?輝きたいでしょ?という論調のものをよく見る。

そもそもなんで輝きたいの?
元々は活き活き、イキイキの別の表現だったのかしら。
キラキラ。

キラキラしてる。
キラキラしてない。

それってなんなんだろう。

私は私を主人公にした人生を送りたい。

親でも旦那でもましてや世間でもなく、素直な自分
きっとこの方は、その姿を『キラキラ』してると表現してくれたのだと思う。
それ自体は実に光栄。

私自身は自分に対してまだまだ謎の制限があるなぁとか、振り切りきれていないと感じるところがあると感じているけど、『そう』見えるならそうなのだろう。

それならば彼女は『そう』なりたいということだと思う。

キラキラという言葉は恐ろしい。
それは放ってる方が使う言葉ではない。
見ている方が言う言葉だ。

つまり、
キラキラしたいとは、キラキラしてると『見られたい』ということだ。

思考が他人の目に行っている。

全くもって、自分が主人公ではない。

キラキラは結果を表現してるともいえる。

じゃあ、そんな自分ってどんな感じなんだろう。
それを私たちは在り方、個性、beingとも呼ぶ。
そこには興味ある。

バリバリ仕事をして、やりたいことやって、海外を飛び回って、
誰よりも輝きたい!

……って、
それはどんなあなたなの?

そっち、そっちに興味を持っていきましょうよ。

キラキラしてる自分?
キラキラしてる自分だとキラキラした仕事ができる。
キラキラしてるから?

……ちょっと何を言ってるかよくわからない。

自分の中で輝いてるのは何なの?
輝かせる!ではなくて、自然に光を放ってる。

そこを大切に磨くことからじゃないかな。
それを大切に見て、認めてないのに、キラキラだけ求めると苦しいかもね。

持ち物自慢したり、友達自慢したり、海外自慢したり?

それをしようとするからSNSに疲れるんだし、
それを理想ほどできない自分がいるからSNSに疲れるんでしょ?

キラキラを作ろうとして苦しいなら。
やめちゃいなよ。

マーケットが作ったそんな簡単な言葉に踊らされてないで、あなた自身の輝くもの、大切にしていきましょうよ。

だって、今これを読んでるあなたは
あなたしかいないのよ?

主人公は誰だ?

関連記事



お知らせ

【ワークショップのお知らせ】

現在9/9(土)予定で企画中。 しばし待たれよ。 野望の会その他ワークショップの開催を希望される方は、コンタクトよりご連絡ください。

野望の会などワークショップ・セミナーについては Facebookページ、及びメルマガにて先行メールを差し上げています。 メルマガにてご案内を希望される方は、こちらにご登録ください。

________________________

【継続コーチング新規受付について】

セッションメニューについての詳細はこちら→コーチングの流れ

________________________

【ブログ更新情報をご希望される方は、こちらをご利用ください】
follow us in feedly

なにかお役に立てたり、思うことがあればシェアいただけると嬉しいです!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です