つれづれ

不快に突っ込むと見えること。「そうじゃなくて」どうなのさ。


IMG_5179
不快で怖いこと
嫌なこと

あえてやってみる。


そうすると

何が嫌なのか、

『そうでなくて』何が欲しいのか。


そういうことが明確になりますよね。


一人でやるんじゃなくて
大勢でやるんじゃなくて

忙しくやるんじゃなくて
のんびりやるんじゃなくて

頭で考えるんじゃなくて
感覚的にやるんじゃなくて


どうしたいんだろ?


『そうでなくて』どうしたいんだろう。




不快は目隠しのようなもの。


くそっ!見えねぇ。
これさえなければあれが見えるのに。
見に行きたいのに!


あれとはなんなんでしょ。

『これさえなければ』なにがしたいんだろう。



ないからこそ、あるものが光るし

あるからこそ、ないことが際立つ。




したいことがわからないのなら、
したくないことの明確化が近道だったりしますよ。
ほんとにね。


不快なこと、嫌なこと、嫌いなこと。

あえてやったら
やることに焦点を向けたら


何に気づいちゃうんだろうね。





この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で