toggle
2014-03-08

コーチングと整体が似ている気がする。

Pocket

IMG_7100
先日友人と、姿勢が悪い事、肩が凝りやすいこと、コリすぎると頭も痛くなるよね、
という話をしていてふと思ったこと。

コーチングと整体って似てない?

整っていない身体の不快感よ・・・

身体が凝っている。
気分悪いですよね。すっきりしない。
何のせい?

長時間のデスクワーク。
そもそも姿勢が悪い。
体を最近動かしていない。
背が高すぎる。背が低すぎる。
先日マラソンで頑張りすぎた。

なんだか理由がいっぱい浮かんできますよね。

それってきっと、
身体ががスッキリしていると気持ちいいことは知っているんだよね。

だから体が『凝っている』『固まっている』は異常だとわかってる。

そして、そのためのアプローチは人それぞれだということも知っている。
さらにはその気持ちいい状態に戻りたいという願望がある。

だから専門家に見せる。
お願いする。
身体ぼきぼきしたり。
ヨガでゆるゆるしたり。
頭蓋骨調整してもらったり。

私はいつも反射神経だけでスポーツをしていたので、中学生の軟式テニスをしている頃から身体自体にかなりの負荷をかけており。
そのころから整体にはちょくちょく通っていました。
肩をやらかしたので、針をぷっすりしたり、整形外科で電気ビリビリしてもらったり。

乱暴に扱いながらも、それなりに身体は専門家に頼りつつ、ここまできました。

ここでね、不思議なんですよ。

『こころとからだ、にんげんのぜんぶ。オ●ンパス』

私はこのキャッチコピーが大好きなのです。
本当に。
ここ1年で何度連発したことか。

そう。身体と心。
合わせて人間。

その身体はいい。
みんな気軽に病院に行く。
いろんな専門家の意見を聞きながら、「今いい状態かしら?」とメンテしていく。

ねえねえ、こころは?

気持ちは?
軸は?
芯は?

メンテしなくていいの?

君は強いから。
私は弱いから、なんて。

そんな強弱の話なの?

心を整える。何が見える?

自分が嫌いとかこんな自分じゃダメだとかみんないうけど、軸がずれる自分はダメだなんていうけど

それって、一人で考えなきゃダメなのかな。
一人で見つけられるのかな。
本に書いてあることやればできるのかな。

なんで身体だと何か変だとすぐ「整えてー!」って言えるのに、思考だとどうしてそれをしちゃいけないんだろ。
そんなこと考えたこともなかったんだろ。

そんな疑問が浮かんできたんです。

気持ちが揺れる=弱い という思い込みが、なんと強いことか!!

そして 弱い→自分はダメだ! な思い込みが何と多いことか!!!

みんな心のことを過信しすぎだと思うのです。

そして世の中で言われていること、セミナーで聞いたこと、本で読んだのにできない自分を責めすぎ。

だってそれは他人のアプローチだもん。
必ずしも自分にピッタリあっているとは限らないでしょ。
ちょっとだけずらして考えるだけなのかもしれないよ。

だって、あなたはオリジナルでしょ?

自分なんて、自分なんて、他の人と違って自分なんて、とネガティブにはオリジナルなのに

ポジティブな方向にオリジナルじゃないなんて、そんな不思議なことはないよ。

整体ではなく、調律師?

気持ちが落ち込んだ時、
心が揺れた時、
決断のためにより気持ちの良い自分に近づきたい時。

コーチング受けて、元の自分に戻るぞー!とか、

あー、この話題になると正常な判断ができないや。
コーチに一緒に見てもらお、とか、

あらー、疲れてきたからなげやりになってきたぞ。
そろそろコーチング行ってすっきりするかー!って

そんな風に気軽にコーチングが受けられるような、
楽器の調律師のような、

そんな存在でいられるよう
自分も頑張らないと!と思ったのでした。
 
ふんっ!!(気合)

以上、自転車も昔から定期的に車検に出している
よーん(@yawn_c)でした!

お知らせ

【ワークショップのお知らせ】

●【満席】1/21(日) 自分を知るコーチング&タスクシュート時間術セミナー

野望の会などワークショップ・セミナーについては Facebookページ、及びメルマガにて先行メールを差し上げています。 メルマガにてご案内を希望される方は、こちらにご登録ください。

【現在提供しているサービスについて】

コーチングに興味がある方はこちら まずは自分のパターンを知りたい方はこちら ワークショップ開催依頼などのご相談はこちら ●未来をつくり合うコミュニティ『アイデアタンク』 募集中!

________________________

【ブログ更新情報をご希望される方は、こちらをご利用ください】
follow us in feedly

なにかお役に立てたり、思うことがあればシェアいただけると嬉しいです!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
関連記事