コトバアソビ

幸せは終着地点にはない【コトバアソビ】



最近幸せ、幸福感について話をすることが多い。

それはコーチングセッションの最中であったり、久しぶりに会った友人との会話であったり。

あなたは楽しそうだね、幸せそうだね、と言われる。

そうだね。
楽しめて、幸せを感じられる選択肢を作って、選ぶようにしているよ、と答える。

私はそれは選べない。
何故なら何も持っていないから、と相手は言う。

何かを成すための努力は辛いから、選べない。
だから私は何も持ってないし、幸せになれるわけがないと言う。

持ち物は関係ない。
幸せは何かを成し遂げた後に感じるものではない。

楽しさと辛さと、幸せは共存できる。
何故なら幸せはプロセスだからだ。

意識が外に向いているとき、そこに幸せはない。
意識が内側に向いているとき、初めて自分が幸せを感じていることを知る。
自分の感情に幸せ、というラベルを貼れる。

何かのご褒美でわかりやすくもらえる物ではない。

海を見たいと思った時、
海に向かうために電車に乗り、バスに乗り、歩いて向かう時、

幸せなのは海を見た瞬間だけだろうか。

海に向かう最中は幸せではないのだろうか。
いや、道中は幸せとはかけ離れているというのなら、

それは自分の選択を
自分のプロセスを
あまりに軽視しているのではないのだろうか。

ちなみに私は強烈な乗り物酔いを持っているので、大体の道中は眠っている。
(寝ないと酔う)

しかし、移動の交通手段の中で眠れる、というのは他の国の治安を考えると、すごいこと。
これはこれで幸せといえる。

私たちは幸せではないのではない。
幸せに対して、あまりにも不感症になっているだけではないだろうか。

幸せになるのに、道具はいるのだろうか。

あまりにも外に意識を向けすぎて、自分を疎かにしていないだろうか。

問いはたくさん浮かぶ。

幸せについて、もっと話がしたい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で