toggle
2017-06-22

伝える。未来。解釈。映画『メッセージ』を見てのいくつかの覚書(ネタバレなし)

Pocket

昨年、友人が映画祭で観たばかうけ・・・否、『メッセージ』という映画が良かった!という声を聞いて、公開を今か今かと待っていたコーチ大下千恵(@yawn_c)です。
今か今かと待っていたはずなのに、終わる寸前に駆け込んできました。

映画の感想というより、自分にとってちょっと思うことがあったので3つほど覚書を。
ネタバレにはならないと思います。

『伝える』とは伝わるように伝えること

私たちはいつも誰かに何かを伝えたい。
そして、伝えようとしている。

それは音だけではない。
そこには意思、感性、表現、背景が含まれる。

言語能力が全てではない。
しかし、同じ言語を使用し、伝えあえるのであれば伝わる可能性は極めて高い。

なのに、私たちは多くの場合、何をサボっているのだろうか。
どこを慣れで流しているのだろうか。

今目の前に起こることは事実だが、記憶は解釈

毎日、自分の目の前でいろんなことが起こる。
そこには嬉しいことも、悲しいこともある。

事実として目の前に存在する。

ただし、それが真実であるのは今ここ、この瞬間だけである。

1分でも1秒でもすぎるとその記憶は、解釈となる。
それは事実の一部でしかない。

感動も、恐怖も、解釈である。

未来に後悔はできない

私たちは日々未来を予想する。

こうすると、こうなるだろうか。
あれをしたら、こうなってただろうか。
あれをしなかったら、ああはならなかっただろう。

未来は、まだ来ていない。
選ばない未来は、後悔できない。

さいごに

まったく意味がわからない方には、まったく意味がわからないかもしれません。
もしかすると、何か響く方もいらっしゃるかもしれません。

わかりやすい映画ではなかったのですが、私は数点の問いをもらった気がしています。

自己満足とはいえ、こうやって残すのもいいな。

原題はARRIVAL。
確かにそれは、しっくりくる。

お知らせ

【ワークショップのお知らせ】

●12/17(日) 未来を変える!大切な自分のための習慣化と野望の会

野望の会などワークショップ・セミナーについては Facebookページ、及びメルマガにて先行メールを差し上げています。 メルマガにてご案内を希望される方は、こちらにご登録ください。

【現在提供しているサービスについて】

コーチングに興味がある方はこちら まずは自分のパターンを知りたい方はこちら ワークショップ開催依頼などのご相談はこちら ●未来をつくり合うコミュニティ『アイデアタンク』 募集中!

________________________

【ブログ更新情報をご希望される方は、こちらをご利用ください】
follow us in feedly

なにかお役に立てたり、思うことがあればシェアいただけると嬉しいです!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
関連記事

コメント1件

  • […] しかし、そろそろロードショーが終わりになりそうな今週、駆け込みで見たとする方の感想を読むことになった。読んでいると、また、なにか引っかかるものが戻ってきた。 […]

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です