toggle
2016-04-20

手を動かすことと集中。つげ櫛ケースを製本技術で自作してみました。

Pocket

tlIMG_20160420_111327
集中力があるかないかと問われれば、自信を持って「ない」と答えてしまうコーチ 大下千恵(@yawn_c)です。
とっても気が散りやすい方です。


不安なこと、気になることがあると心乱されます。


心が乱されているときこそ、自分に集中することが大切。

自分を一番に気遣えるのも、一番粗末に扱えるのも自分自身。


なので、私は心が乱されたときは何かしら手を動かすことにしています。


絵を描く、物を作る。

器用でなくても、うまくなくてもいいんです。
そこは筋肉です。
練習するしかないので。
自己満足で十分。


今回は昔友人からもらったつげ櫛。
そのケースがボロボロになったので、作ってみました。


そもそもね、売ってないんですよ!
つげ櫛ケースなんて!

油を浸すからビニールのケースだと悪くなっちゃうし、だからといって紙のケースなんて見たことない!

じゃあ、作るしかないのか。
どうやって?

・・・私、製本できるやんけ。
本のケース作れるんだから、櫛のケースだって作れるだろう。

という、安直な考えからの切り貼り。


家にあった製本用クロスと厚紙で1時間ほどで作れました。


・・・で、
本当は作り方とかアップしたかったのに、写真撮るの忘れてギャー!と思ってるのが今です(笑)


でもね、ある物を使って
作ったことのない物を作る。

構造を考えたり、似た物を頭の中、過去に作った物から検索したり。

その時って、ものすごく自分に集中しています。


私と同じように、自分に集中するのが苦手な人。
心が乱れているなー、と思う人は何か描いたり、作ってみたりしてはいかがでしょうか?


特に上手くなくていいんです。
器用でなくていいし、人に見せる必要ない。
自己満足でも。

ぜひ試してみてください。

(ちなみに私は不器用な方なので、カッターで爪を削ぎました。痛いところのギリギリ(震))


ちなみに5月のこちらのイベントは、絵を上手く描くための物ではなく、自分自身の野望を、そして未来を絵や言葉を使ってあぶり出していきます。
ハッピーラクガキライフ×野望の会 – テレイドスコープ | Doorkeeper
日時:2016年5月8日(日) 14:00 〜 18:00 (開場 13:45) 会場:コワーキングスペース茅場町 Co-Edo(コエド)
東京都中央区新川1丁目1−3−4 PAビル4F
(受付は5Fになります)…

お申し込みはこちらから

お席はもう半分ほど埋まってしまったのですが、こんな会を利用してみるのもいいかもしれませんね。


いや〜、しかし工作は面白かった!


あら?つげ櫛ケースが作れるんならこんなのも作れるんじゃない?
こんなの作って欲しいなんてお声がうっかりあると嬉しいな〜。


気持ちの良い気分転換でした!

お知らせ

【ワークショップのお知らせ】

●12/8(金) 三井公一先生といくブラブラ写真教室 ●12/17(日) 未来を変える!大切な自分のための習慣化と野望の会

野望の会などワークショップ・セミナーについては Facebookページ、及びメルマガにて先行メールを差し上げています。 メルマガにてご案内を希望される方は、こちらにご登録ください。

【現在提供しているサービスについて】

コーチングに興味がある方はこちら まずは自分のパターンを知りたい方はこちら ワークショップ開催依頼などのご相談はこちら ●未来をつくり合うコミュニティ『アイデアタンク』 現在2期募集中!

________________________

【ブログ更新情報をご希望される方は、こちらをご利用ください】
follow us in feedly

なにかお役に立てたり、思うことがあればシェアいただけると嬉しいです!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
関連記事